じゅんこ: ナース Junko: Nurse

001a.jpg
2010-10-13
001b.jpg
2010-10-13
001c.jpg
2010-10-10
がいねー好きさんからストーリーを頂いて、ナース服のじゅんこさんを撮影してみました。

> 火災に遭った高層ビルに手を突っ込んで、小さな負傷者を助け出そうとしている様子
> トカゲ宇宙人に操作されるまま、自分が勤務してる病院を蹴り壊そうとするか踏みつぶそうとしている様子
> (催眠状態の特徴は目がトロンとしているところです。)

リクエストはこの2つ。
うっ…簡単なようで結構難しいかも…。

002a.jpg
2010-10-10
002b.jpg
2010-10-10
頑張ってみたのですが、結局、すこーし違うシーンになってしまいました。
で、でも、これは、じゅんこさんが気まぐれな上に文句が多いから、こうなっちゃったんだもん!
じゅんこさんが悪い!
Jukes 悪くない!

\ずしぃぃぃん/


…うう、踏みつぶされてしまいました。
それでも、気を取り直して、「白衣の天使」とか「献身」とか「看護」という言葉とは程遠い、
じゅんこナースさんのシーン、はじまりはじまりです!

003a.jpg
2010-10-10
003b.jpg
2010-10-10
あ、そうか!
じゅんこさん、クラッシュケア専門か!

\ずしぃぃぃん/

…。
……。

(Jukes の減らず口に対し、間髪入れずクラッシュケアを施行するじゅんこさんなのでした)

004a.jpg
2010-10-10
004b.jpg
2010-10-10
004c.jpg
2010-10-10
おおっと!

いつも「クールビューティー」を通そうとするじゅんこさんですが、
近過ぎる距離からの撮影に照れてしまったようです。

これはちょっと意外な一面!

005a.jpg
2010-10-13
005b.jpg
2010-10-13
005c.jpg
2010-10-13
005d.jpg
2010-10-13
夜勤中に病棟…じゃなくて街全体を巡回するじゅんこ婦長…じゃなかった、ナース(24)、です。
でも、こんな巨体でずしんずしんと地響きを立てて闊歩されたら、みんな目が覚めちゃいますよね!

そして、地上からこっそり、じゅんこさんをナイスアングルから見上げます…。
が、じゅんこさんの凄まじい高感度を誇る第6感の作用で、たちまち見つかってしまいます。

「あーんた、どーこ見てんのよー。」(ジト

「やばい! 踏みつぶされる!」

「んもー、早く寝なさい…」

ズシン…
ズシン…
ズシン…

行っちゃった…。
よかった! 踏み潰されずに済んだ!
うほほ♪
24歳のギリギリ賞味期限内 (←危険発言) のおみあし、ぱんつ、おしり、よかったなぁ♪

さすがに白衣の天使と言われるナース服の効果なのか、
かなり優しさアップ (当社比) のじゅんこさんなのでした。

006a.jpg
2010-10-17
006b.jpg
2010-10-17
006c.jpg
2010-10-17
006d.jpg
2010-10-17
「あらら〜、よく燃えてるわねー!」

大火災でパニックになった現場に、巨大ナースじゅんこさんは地響きを立てながら悠然と現れた。

「うふふ、燃え広がらないように、
周りのビルを壊してあげよっかなー?」


巨大なナースシューズを軽く持ち上げ、周囲の雑居ビルの上にかざしてやる。
慌てた人間たちがピーピーと騒いでいるのが聞こえる。
んもう…、分かってるわよ…、そんなことっ。

「冗談よ…。」

ビルの屋上には、追い詰められた生存者たちが続々と集まってきている。
あまりの火災でヘリでの救出も無理なのだ。
大きく手を振っている。
ケガをしている人もいるようだ。

じゅんこさんは巨大な手を優しく広げ、

「さ、乗りなさい。」

我先に手のひらに乗り移ろうとする人たち。

「こーら!押さないの!
悪いコビトさんは指でクラッシュしちゃうぞ!」


ビクッとなって整然と動き始める人間たち。
こうして、被害者は最小限にとどめられたのだった。

007a.jpg
2010-11-08
007b.jpg
2010-11-08
007c.jpg
2010-11-08
007d.jpg
2010-11-08
007e.jpg
2010-11-08
がいねー好きさんからリクエストを頂いていたナースなじゅんこさん、
ようやく、しかし、かなり妥協しての、アナザーシーンです。

>催眠状態「トカゲ宇宙人に操作されるまま、自分が勤務してる病院を蹴り壊そうとするか
>踏みつぶそうとしている様子」(催眠状態の特徴は目がトロンとしているところです。)

実は「蹴り壊し」も「踏み潰し」も、使えそうなポーズがありませんで…。
仕方なくの「おしつぶし」であります。

病院ごとまとめてクラッシュケアでしょうか。
スカートをまくりあげ、嫌らしくおっぱいを揉みしだき、お尻をローリングするように振りながら、
ゆっくりと体を落としていくのでした。


しかし、じゅんこさんを催眠状態にさせるのは大変だなー。
あ、おさけのませりゃ、いいのか。(ぼそ

酒に強そうに見えて、確かに最初は快調なペースなんですが、
あるラインを越えた瞬間に急にコテッと逝っちゃう。
それが、じゅんこさんの真実の姿なのでした。

意外とふつー、なんですね。
本作品の ZIP ファイル → megame.jp/zip/junko-02.zip ← ZIP file of this work