FUJISAWA さん: 友達を救え! ちびムーンの大逆襲!!

001a.jpg
2009-12-02
001b.jpg
2009-12-02
ちびうさが通う十番小学校。
今日も一日の授業が終わり、家に帰る児童たち。
だが、一部の児童だけを何者かが連れ去ってしまう。

連れ去られたのはなんと、ちびうさと同じクラスの児童だった。
桃子や九助といった親しい仲間が、ことごとく連れ去られている。

敵の今度の作戦は、ちびうさ=ちびムーンと同じクラスの児童を人質に取り、彼女を抹殺しようとするものであった。

そのことを知らないちびうさは、一人家に帰り着く。
緊急ニュースを見て、心配した育子ママが彼女に声をかける。

育子ママ「ちびうさちゃん。無事だったのね。」

ちびうさ「えっ。どうしたの育子ママ?」

驚いた様子で事情を尋ねるちびうさ。

育子ママ「ちびうさちゃんのクラスの子だけが、だれかに連れ去られたのよ。」

ちびうさ「え〜っ! 何ですって?」

うさぎ「ただいまぁ〜。」

帰ってきたうさぎ。彼女は育子ママとちびうさの様子がおかしいのに気づく。

うさぎ「ママ、ちびうさ。いったいどうしたの?」

ちびうさ「うさぎ・・・。実はね・・・。」

事の真相を聞かされるうさぎ。

うさぎ「ゆるせな〜い! すぐ助けにいかなきゃ!!」

うさぎの家には、事を聞いたまことも駆けつけてきた。

その時、敵からのメッセージが街中に響き渡る。

敵「セーラーちびムーンに告ぐ。あと30分以内に我々の元へ来い! さもなければ捕らえた貴様の友達を皆殺しにする!!」

ちびうさ「何ですって!」

うさぎ「許せないわ!!」

まこと「おーし! あたしに任せな!!」

ちびうさ「待って、うさぎ。まこちゃん。今回はあたしに行かせて。」

うさぎ「何言ってるの。危険よ!」

まこと「そうだよ。あたしたちも力を貸してあげるからさ!」

ちびうさ「桃ちゃんや九助、みんなあたしの友達なの。だからあたし一人でやらせて。お願い!」

うさぎ「わかったわ。気をつけて行きなさい。」

まこと「へぇ〜。強くなったな、ちびうさちゃんも・・・。」

そこへ、亜美と彼女の母親が車でやってきた。
事件をいち早く聞いていた彼女は、すでに敵の居場所を突き止めていたのだ。

亜美「もう敵の居場所は突き止めたわ!」

うさぎ「さっすが亜美ちゃん!」

ちびうさ「ありがと、亜美ちゃん。」

亜美のママ「さ、乗ってちびうさちゃん。近くまで送ってあげるわ!」

ちびうさと亜美を乗せ、亜美のママは車を走らせる。
その走りっぷりは、一人娘の母親とは思えぬほどであり、そこら辺の走り屋顔負けのものであった。

敵の潜むビルの前にたどり着く一行。
ちびうさは車を降り、

ちびうさ「ありがと。亜美ちゃん、亜美ちゃんのママ。」

彼女は亜美たちに礼を言い、二人を見送る。

何の罪もない大切な友達を連れ去った卑怯な敵に、怒りの炎を燃やすちびうさ。

ちびうさ「さあ。約束通り一人で来たわよ。 桃ちゃんたちを返しなさい!!」

敵「フハハハハ! やってきたなちびムーン! その命、もらい受けてやる!!」

桃子「ちびうさちゃん。来ちゃだめ!!」

九助「おい、チビ。お前だけでも逃げろ!!」

敵「黙ってろ!!」(ビシッ!)

九助「あうっ!」

ちびうさ「桃ちゃん、九助。みんな。すぐ助けてあげるからね。」

敵「フン!もはやこいつらなどどうでもよいわ!」

敵は、ターゲットのちびうさが来たためか、九助たちを解放する。
ちびうさの元へ解放される桃子たち。
一人もケガ一つなく無事であった。

ちびうさ「桃ちゃん。みんな安全なところへ逃げて!」

皆が無事逃げ終えるのを見届けたちびうさ。
憎むべき敵への逆襲が始まる。

巨大ちびムーンに変身するちびうさ。
身長 300m を超えるほどにまで巨大化し、溢れるエネルギーがピンク色と純白の雷光となって、ほとばしる。

足元にぎっしりと立て込んでいる小さなビルなどは、変身の際に巨大なブーツで踏みつぶされ、
自動車やガス管が誘爆して数十メートルの火柱が立ち上り、辺りは火の海になっていく。

敵の潜むビルの前で仁王立ちになる巨大ちびムーン。
敵どもは、自分らがアジトとしている最上階へ一瞬で集まっていく。

ちびうさ「ゆるせない! 未来の月にかわってお仕置きよ!!」

ちびうさは巨大な脚を持ち上げ、高層ビルに膝蹴りを喰らわせました!
膝が激突したビルの一角は一瞬にして粉々に吹き飛び、コンクリート片となって地上に降り注ぎます。

下のフロアには無関係な人々が沢山いたのですが…。
敵どもに逃げる時間を与えないよう、急速に行われた巨大化と攻撃で、
みんな諸共吹き飛ばされてしまいました。

敵は跡形もなく吹き飛び、彼女の逆襲は終わった。

が、無関係な人々や街を巻き添えにしてしまった。
しかし、それもより大きな被害を避けるためには仕方がなかった。

そこに駆けつけてくるセーラームーン。

うさぎ「やったわね。ちびムーン!」

ちびムーン「うさぎ…。も街をこんなにしちゃった…。」

うさぎ「大丈夫。あとはあたしがみんなを元にもどしてあげるわ」

うさぎはプリンセスセレニティの力で、荒れ果てた街や人々を復元させてゆく。

(敵を除いて)元通りに復元された街。そして人々の目には、自分たちを守ってくれた巨大セーラー戦士の姿が映し出されていた。

うさぎ「さ、帰ろっ。ちびうさ。」
ちびうさ「うんっ。」

人々の大きな声援の中、二人は飛び立っていった。

次の日
十番小学校。
登校してきたちびうさは、みんなの英雄として歓迎を受けたのであった。

その様子を見ていたうさぎたち。

まこと「今回はあたしの出る幕はなかったな。」

美奈子「やるわね。ちびうさちゃんも。」

亜美「ちびうさちゃん、カッコよかったわぁ〜。」

うさぎ「いいなぁ〜。なんでちびうさばっかりぃ〜。」

レイ「あんたは最後だけちょこっと出てきただけでしょ!」

うさぎ「うえ〜ん。レイちゃんのいじわるぅ〜。」

亜美&まこと「・・・・・。」

こうして、ちびうさ=ちびムーンの大活躍により、敵の悪巧みは失敗に終わったのであった。

完)

本作品の ZIP ファイル → megame.jp/zip/fujisawa-05.zip ← ZIP file of this work