エリザ: 破壊と復活の巨神姫 Eliza

001.jpg
2013-04-03
BBS で頂戴した「万倍エリザさんと由佳たん」のお題で、作ってみました。

1 万 倍 !

…と言うのは簡単ですが、身長 15 キロもの女神のような存在、いえ、女神になった彼女たち。
人工物は彼女たちに比肩するなど夢のまた夢、ゴミのようなちっぽけなものばかりです。
これを 3D で表現するのはとても難しく…、おっと、愚痴はいけませんね。

まずは、聳え立つふたり…、いえ、二柱の超巨神
破壊と復活の巨神姫です。

雲の高さを超えて、頭は成層圏に突き出しています。
辛うじて彼女たちの胸元をのろのろと動き回る小虫は、亜音速で巡航するジェット機です。
彼女たちの足元に敷き詰められた小砂利のような一つ一つが、我々が仰ぎ見る高層ビルなのです。

体重、推定 400 億トン。
もはや比較になる適当な物が存在せず、とてつもない巨重としか言いようがありません。
髪の毛一本ですら抱え切れないほど太く、長さ 5000 メートル、重量が万トン単位の極太ワイヤなのです。

彼女たちのティアラには、数兆カラット、つまり数百万トンのダイヤモンドの巨星を中心に、
数千万トンもの宝石がまばゆく輝き、光のアークを作っています。

002a.jpg
2013-04-02
002b.jpg
2013-04-02
ええ、ですから、指先ひとつでご覧の有様です。

幅 100 メートルの、この都市で一番の大通りを、女神の巨大な指がなぞっていきます。
ゆっくりと動かしているつもりでも、とっくに音速を超えています。

そもそも、僅か 100 メートルでは、由佳たんの細指でもギリギリの幅しかありません。
両側に建ち並ぶビルに触れれば、瞬時に十数メートルも削り取られてしまいます。
耐え切れずに崩れてゆくビルも…。

女神の指は、地面も削りこんでいきます。
指が通りすぎた痕に刻まれた深々とした溝は深さ数十メートル。
…ひょっとしたら、それ以上。

そこにいたはずの無数の人々、数え切れないほどの自動車は、どこにも見えません。
通りの下にあった地下鉄のトンネルも、もう何処にあったかすら分かりません。
僅かに、溝の中に半分埋もれた、捻り切られ潰れきった地下鉄の車両が、痕跡と言えるでしょうか。

街中の街路をズタズタに切り裂いていく巨大怪物。
でもこれは、女の子のたった一本の指でしかありません。

一方、動き回りはしないものの、一撃で指とは桁違いの破壊を引き起こす、由佳たんの掌、靴、おしり。
手の形をくっきりと映して、そこだけ圧し潰された街。
ヒールの穿った縦穴は深さ数百メートルに達し、底が見えません。
おしりの痕は、なめらかで雄大なクレーターと化すのです。

003.jpg
2013-04-03
破壊の女神は、容赦がありません。
由佳たんと言えばこれは外せない、通称「由佳たんジャンプ」が炸裂します。

Iceman さんの原作の初回「ゲーム1」で、早くも鮮烈なデビューを飾った必殺技。
あのときはたった 100 倍のサイズでしたが、それでも地方都市をひとつ壊滅させました。

女神となった今の由佳たんから見れば、あのときの巨大メイドの自分など、
指先に乗るようなコビトでしかありません。
100 倍の 100 倍になった超巨身、100 万倍の 100 万倍になった超巨重が、
それを受け止めるにはあまりにも小さく、弱く、脆いものたちへの神の罰と襲いかかります。

ドッッゴゥォォオオオオン!!!!

巨大隕石の衝突すら想像させる、地獄変。
半径数キロの範囲が地盤ごと大陥没し、街がその中に呑み込まれ、反動で何百メートルも跳ね上がります。
膨大な衝突のエネルギーはあらゆるものを蒸発させる熱線を産み出し、さらに衝撃波が襲いかかります。

女の子が軽くジャンプしただけなのに、
その一撃から、彼女を中心にどこまでも同心円状に拡がっていく、破壊の波。

でも、破壊の巨神姫は赦しません。
大地を蹴り壊しながら、再び 400 億トンの巨体を数キロの高空まで飛び上がらせ、
今度は 20 キロほど離れた隣の都市の中心部へ…。

ドッッゴゥォォオオオオン!!!!

広大なメガロポリスが、秒単位で壊滅させられていきます。

004a.jpg
2013-04-03
004b.jpg
2013-04-03
慈愛に満ちた復活の女神の繊細な技も、
微生物のような我々から見れば少々、いやかなり、手荒いようです。

由佳たんが見渡す限り死の大地に変えた傷跡を、無限に近いパワーで瞬く間に復活させてしまいます。
再び、何事もなかったかのように建ち並ぶ大都市。
急展開にくらくらしながらも、よろめきながら立ち上がる、数百万の人々。

手には、地盤ごとえぐり取って癒やしてしまおうと、
軽々と持ち上げられた、直径2キロの街。
しかしそちらに気を取られたのか、無造作に投げ出された足の下では、
数万人もの人々が踏みつぶされています。
右手の方も「ちょっと」失敗してしまったようですね。

傷ついた人々をあまねく癒やす、女神の吐息。
風速、毎秒 1000 メートル。
高層ビルが千切れて消し飛び、地盤がめくれ上がって飛んでいきます。(笑



何百万人もが破壊の女神・ユカに蹂躙しつくされ、滅ぼされます。
しかし、その大破局の隙間で、幸運にも命拾いした数万人がいます。

滅ぼされた人々は、残らず復活の女神・エリザに癒やしつくされます。
一方、ちょっとした手違いと失敗で、運悪く命を落とした人も、また数万人。

女神たちの一挙一動で、万人単位で人々が現世と黄泉を往復させられるのです。
何度も、何度も…。

005.jpg
2013-04-04
超小人の世界で、それぞれに破壊と復活を「楽しんで」いる由佳たんとエリザさん。
ならばちょっとボクたちの目も「楽しませて」欲しいなぁー(笑) …と思いまして、
お待ちかねのサービスシーンです。

膝立ちになっても、なお 10 キロメートルもの高さがある女神たち。
山のような、否、山よりも大きな雄大な乳房を、ゆっくりと近づけていきます。

その先端には、高さ 100 メートル以上に勃起した巨岩のような乳首が屹立しています。
彼女たちの薄いドレス、しかし我々から見れば数十メートルの分厚い装甲を、押し上げて。

巨大な乳首が上空でくりっくりんっと擦れ合い、
億トン級の乳房が、重々しく唸りを上げて揺れ動きます。

006a.jpg
2013-04-04
006b.jpg
2013-04-04
006c.jpg
2013-04-04
もっともっとサービスシーンです。(迫真
もちろん! ゆんぞさんと Iceman さんから了承を頂いておりますよっ!

この3パターンだと、どれが皆様のお気に召しますでしょうか?
僕なら、3枚目ですね。
全裸よりも、こちらの方が好きです。


先週ちょっと予告しましたが、
今回、背景とキャラと前景を分けて撮影し、それぞれに GIMP や particleIllusion で後処理を加え、
特に「由佳たんジャンプ」や「エリザさんの吐息」では、動きのある絵にしてみました。
手間はかかりますけど、この方が萌えるような気がします。

最後になりましたが、
お題を頂きましたラララライさん、
それを強力に援護射撃されましたゆんぞさん、Iceman さん、
そして、MMD 用の大都市アクセサリデータを頂きましたフラレミスキーさんに感謝致します。
ありがとうございました。

本作品の ZIP ファイル → megame.jp/zip/eliza-01.zip ← ZIP file of this work