2012: Oct. 01-10

<< 前/Prev | /Next >>
001a.jpg
2012-09-24
001b.jpg
2012-09-24
001c.jpg
2012-09-24
001d.jpg
2012-09-24
001e.jpg
2012-09-24
001f.jpg
2012-10-01
2012-10-01(月)
また、何日か空いてしまいました。
言い訳はさておき、さっそく、行きましょう!

---
ゴゴゴゴゴゴゴゴ…!

エルフ姫は、重々しい地鳴りのような音を立てながら、急速に巨大化し始めた。

足はどこまでも膨張し、
美脚はどんどん天に向かって伸びていき、
上半身がビル街の空に広がっていった。

キタ! キタキタキター!

10 メートル、20 メートル、30 メートル…
早くも、テレビアニメの巨大ロボットとしては、一般的なサイズに達する。
並んで立てば威容を感じるであろうが、広場の中にポツンと立っているのを遠くから見ている限りは、
まだ、さほどの巨大感を感じない。

40 メートル、50 メートル、60 メートル…
数十年間、ほとんど変わることのなかった巨大ヒーロー、巨大怪獣の全長に迫るエルフ姫。
しかし、それらをあっという間に追い抜いていく。

見上げる視線も急角度になってくる。
早くも、ひとつの視界に収まり切らなくなってくる。
でも、貴重な巨大化シーケンスの一瞬一瞬を、見逃したくはない!
彼は忙しく視線を動かし、エルフ姫の顔から足までを少しでもたくさん見てやろうとしていた。

姫は、微笑みを浮かべながら、もっともっと、大きくなっていく。
100 メートルを突破し、建ち並ぶビルの高さを超える。
200 メートル、300 メートル、まだまだ勢いは止まらない。
街のあらゆる高層ビルの高さを凌駕しても、1000 倍の巨体は、まだ、遥か先なのだ。

あれほど広々としていた広場が、姫のヒールで一杯になってきた。
目の前に、巨大な爪先が迫ってきた…!

ゴゴゴゴゴゴ…!

002a.jpg
2012-10-01
002b.jpg
2012-10-01
002c.jpg
2012-10-01
002d.jpg
2012-10-01
002e.jpg
2012-10-01
2012-10-02(火)
足で広場がいっぱいになるまで、巨大化した姫。
さらに巨大化を続け、周囲に建ち並ぶビルを蹴散らすかという直前で、ついに膨張が止まった。

窮屈そうに並ぶ巨大な純白のヒールは、それだけで前衛的な建造物のような威容を誇っていた。
そこから、天空へ向かってそびえ立つ、美脚のツインタワー。
雄大な腰のラインを経て、エアドーム球場を横にしたような美乳が、どんっ! どんっ! 並んで張り出す。
その向こう、もはや霞むような高さから、爆乳で死角となった足元の下界を、覗き込むように見下ろす姫。
その息づかいは、渦巻く嵐や遠雷のようだった。

一方、地面は姫の巨重を受けて、陥没寸前だった。
僅かな身じろぎの一つ一つによって、ミシミシと不吉な地鳴りが伝わってくる。

もはや巨人という範疇を凌駕した、超巨人…、いや超巨神となったエルフ姫。
彼は、興奮を抑え切れずに、そびえ立つ姫を見上げていた。
いよいよ、この巨大な姫が、自分の作ったこの都市を蹂躙し、破壊し尽くすのだ。


しかし。
その前には、まだまだ演技が必要だ。

この広場は 150 メートル × 70 メートルほど。
姫が 1000 倍になったときの足の推定全長は 230 メートル。入りきらない。
そう、姫はまだ、1000 倍に到達していないのだ。

彼はつぶやき始めた。
自分の声が、数秒後には、姫の口から放たれる大音響となって、街に轟き渡るのだ。

つぶやき終わる。
すぐに、姫の口が動くのが見えるが、声は聞こえない。
いま、音は必死に姫の身体を駆けくだっているのだ!

1,2,…くるぞ!

「まったく、ニンゲンの街というものは…窮屈ですわね。」

ぐおおおおおん…おおおんん…おおおん!!

張り倒されてしまうような、音の壁の第一撃!
続く音も、爆撃のように襲いかかってくる。
思わず耳を塞いでも、なおも大音響が、ぐわんっ! ぐわんっ! と響いてくる。

「姫は、まだまだ大きくならねばいけないというのに。
 これでは、本番の前に、街も貴方も蹴散らしてしまいますわ。
 もちろん貴方だけは、生き返らせて差し上げますけど…」


自信と気品に満ち溢れた声。
しかし、下等で卑小なニンゲンたちを見下す感情は、常に見え隠れしていた。

「どうなさいますか?
 痛いのがお嫌でしたら…
 どうかもっと、姫の足から遠くまでお逃げください。」


「それとも?
 いますぐ、もっと巨大化しても、構いませんか?」


<< 前/Prev | /Next >>
本作品の ZIP ファイル → megame.jp/zip/2012-10a.zip ← ZIP file of this work