2009: Nov. 01-10

<< 前/Prev | /Next >>
001a.jpg
2009-11-01
001b.jpg
2009-11-01
001c.jpg
2009-11-01
2009-11-01 (日)
予定よりだいぶ遅くなりましたけど、ParticleIllusion 3.0 を購入しますた。
悩んで、金策して、安い所を探し回って $354.99 でした

と、とっても、高かったんだから…(汗)…、もう後には退けないのだわ!

色々やり出すとオカネかかるのですねー。
これまでイリュゲー本体だけでやってきたのが、
ここ数ヶ月で「メタセコ」と「PI」と、さらにグラボも新調したしー。

あ、そうそう。
昨夜はサーバのメンテをしたため、断続的に止まってしまいました。
いや、止めるつもりは無かったんですが、色々あれこれあって…。

さて、画像。
PI の話をしたんだから PI をドーンと使って…と行きたかったのですが、
結局昨日の使い回しになっちゃいました。
ううう、ごめんなさい。

ちょっとシチュエーションを変えて、先生と生徒達にしてみました。
先生の指につままれている男子生徒にご注目ください。
うふふ。
いかに女性が巨大で強い存在か、街を破壊して見せつけてやらなきゃなのですわ。

002a.jpg
2009-11-02
002b.jpg
2009-11-02
2009-11-02 (月)
メガみぃサーバのメイン HDD (1TB) が壊れました。
しかし大丈夫。
被害は「お金と手間」だけで、データは無くなっていません。

以前、もう 10 年近くも前ですが、HDD 破損でデータを失うという痛い目に遭って以来、
過剰なほどのバックアップ体制を構築してきたのが生きています。
これだけは誰にでも、何度でも申し上げます。

バックアップしていない事は、保存していない事に等しい。

…と。

しかし、そうとは言っても最近の物入りへ追い打ちを掛けた出費は痛いですし、
バックアップから数百GBのデータを戻すのは面倒です…やれやれ。
おっと、念のため申し上げておきますが、「数百GB」の全部がメガみぃのデータではありませんよ!
そのサーバは「なんでも屋」で、全部の合計が数百GBなのです。(^-^;

さて、目下は故障した HDD の「まだ生きてる部分」を使って暫定運用中です。
今日買ってきた新 HDD にバックアップからデータを書き戻し、本格復旧に向けた作業も進めています。
そんな日でも粛々と撮影、粛々とブログ更新ですー。

本業の〆切に追われても毎日更新。
引越の日も毎日更新。
海外に行っても毎日更新。

毎日更新を続けていると、こういうピンチの日の方が燃えますね。

今日の絵は爆乳教師役の夕子さんです。
指先に乗せた男子生徒は「落ちるぅ」とか「助けてぇ」とかギャーギャー騒ぎます。
そうですね。ではまず落ちないように指先で押さえつけてしまいましょう。
力加減を間違えないように…。
中身が出ちゃったらいけませんからね。(^-^;;;
おっと。彼が妙に大人しくなりましたよ。
ちょっとぐったりしちゃいましたか。

おおお!…これは胸元に放り込んでしまうつもりでしょうか。
それとも…?

003a.jpg
2009-11-02
003b.jpg
2009-11-02
003c.jpg
2009-11-02
2009-11-03 (火)
HDD の復旧作業終わりました。

さて、今日の画像ですが、

>おおお!…これは胸元に放り込んでしまうつもりでしょうか。
>それとも…?

「それとも…?」の方の展開にしちゃいました! (笑
こびとさんなど数十人まとめて放り込めるほどの! トンネルの入り口よりも巨大な口を開けて!

004a.jpg
2009-10-18
004b.jpg
2009-10-15
2009-11-04 (水)
◯; 困りました。今日も時間が取れません。
◯; 仕方ないので少し前のボツ作品を引っ張り出すしか…。

おにゃのこが色々なものを吐いております。
作ってみて初めて気がついたのが、口からビームってば難しいのだということ。
「目からビーム」はもっと難しかったので保存もせずに削除しちゃいましたが…。

005a.jpg
2009-11-05
005b.jpg
2009-11-05
2009-11-05 (木)
一場面だけ進めてみました。

もう解説不要のシーンですね。
絶体絶命な感じです。

この続き、どうしましょうかねー。
そうだ。みなさんに決めて頂こうかしら。
究極の2択でお願いします。

A. 食べる
B. 食べない

票数の多い方にします。
次回は日曜日に作る予定なので、土曜日の 23:59 (日本時間 JST+9) を〆切にしますね。
当然ですけど、不正大量投票はダメですよー。
色々確認手段がありますからね。うふふ。(^_^;


(2009-11-06 00:23 追記)

たくさん投票頂いています。
ありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、投票だけの BBS への書き込みは

* ログが見にくくなるため、
* 傾向が見えちゃうと他の人の投票にも影響しそうなので、

確認次第削除させて頂きます。
もちろん! 票数はしっかりカウントしておりますよー!


006a.jpg
2009-11-06
006b.jpg
2009-11-06
006c.jpg
2009-11-06
2009-11-06 (金)
昨日の投票、これまでに 10 票ほど頂いています。
まだまだ受付中ですので、奮ってご応募くださいね。一言で結構ですのでー。

さてさて、こちらでも食べるか食べないか討議中。

「うふ。食べちゃおうかしら。それとも遊んであげるだけにしようかしら…。」
「せんせい、こびとさんが可哀想ですよぅ。食べないで助けてあげてください…。」
「そんな! 夕子先生! 相手はこびとの男子ですよ! 食べちゃえ! 食べちゃえ!」

こびと男子は手のひらの上で腰が抜けてしまっているのでした。

業務連絡〜。
お待たせしている猫さんの第3作、この週末に何とかしますー。

007a.jpg
2009-11-07
007b.jpg
2009-11-07
007c.jpg
2009-11-07
2009-11-07 (土)
ふと思い立ってのセーラープルート様です。
いやいや、やはりセーラー戦士は下からどの角度から見ても絵になりますな。
特に下から見た場合は…。(笑

008a.jpg
2009-11-08
008b.jpg
2009-11-08
008c.jpg
2009-11-08
008d.jpg
2009-11-08
008e.jpg
2009-11-08
2009-11-08 (日)
お待たせしました。
夕子先生喰いシーンです。

えーと、デジカノで4人のモデルを動かすのが大変なので、
一週間ぐらいかけてゆっくり食べさせてくださいなのです。(^-^;

食べると聞かされた男子生徒は、にわかに夕子先生の指の上で暴れ始めました。
しかし、夕子先生の巨大な指先は自分を覆い尽くせるほど大きいのです。
ぴくりとも動かすことはできず、身をよじるのが精一杯です。

しかし、ふと下が見えてしまったとき、男子生徒は慄然とします。
そう、ここは地上 400m…、どんなビルよりも高い場所です。
夕子先生と、ふたりの女子生徒の巨体だけが地面からズドーンとそびえ立っているのが見えます。
男子生徒は自分の抵抗があまりに無謀であることを悟りました。

「そうそう、落ちたら危ないわよ。」

目の前の巨大な口が動き、お腹に響くような、耳をつんざくような大音響が轟き渡ります。
夕子先生の声でした。

今から、自分はこの巨大な口の中に…。

009a.jpg
2009-11-09
009b.jpg
2009-11-09
009c.jpg
2009-11-09
009d.jpg
2009-11-09
2009-11-09 (月)

しまったのです!
昨日までの画像、縮尺が間違っていたのでした。(>_<;
あれでは男子生徒が身長 3m 近い巨人になってしまっているのですね。

それとも、巨人になってこびとを虐めて暴れている男子生徒を、
さらに圧倒的に巨大な先生が捕まえてお説教して食べちゃうシナリオの方が良かったですか? (笑
恐ろしい生徒指導なのだわ!

---
目の前一杯に広がる巨大な夕子先生の唇がくぱぁっと開きます。
ゴコゴゴゴゴゴ…。

「んふふ。」

まるで巨大なトンネルの入り口のような口の中から甘い吐息が暴風となって押し寄せます。
自分の背丈より高い巨大な歯がずらりと並び、怪物のような舌がぬらぬらと蠢いています。

この圧倒的な迫力の情景の全てが、ちっぽけな自分を呑み込むためにあると考えると、
恐怖で思考停止状態になってしまいそうです…。
夕子先生の巨大な指先の上で固まってしまうこびとくんなのでした。

010a.jpg
2009-11-09
010b.jpg
2009-11-09
010c.jpg
2009-11-09
010d.jpg
2009-11-09
2009-11-10 (火)

夕子先生は、指先で固まっているこびと生徒を人差し指で押しのけ、口の中に落とし込もうとしました。
しかし、嫌がる彼が予想外に抵抗したため、

ぽと。

彼は唇のすぐ裏側に落っこちてしまいました。
そして、彼は唾液で前歯を滑る足場で件名に踏ん張って唇に手をかけ、
口の中から必死に這い出そうとします。

「ふぁう!」

思い掛けない彼の動き、そしてくすぐったさで、夕子先生は声を漏らしてしまいました。
しかし、男子生徒の方も逃げ場はありません。
唇にまたがった彼の目の前には「何もありません」。
奈落の底のように、400m 下の地上が遠くに霞んで見えます。

進退窮まった彼は夕子先生のふっくらとした唇にしがみつきました。
夕子先生は口元で蠢く彼が見えず、手出しができません。
うっかり口を閉じてしまったら、彼は巨大な唇の間で潰れてしまうでしょう。

先生が慌てていると、そこへ女子生徒が巨大な指を伸ばしてきました。

「うふふふ。大人しく先生の口に入りなさい♪」

<< 前/Prev | /Next >>
本作品の ZIP ファイル → megame.jp/zip/2009-11a.zip ← ZIP file of this work